過払い金が戻らない限り費用の発生はなし!
過払い金の相談・計算・調査は全て無料で行っています。

神奈川県川崎市川崎区駅前本町15番地5 十五番館10階
川崎駅から徒歩2分

お電話での過払い金無料相談はこちら
0120-721-656
受付時間
9:00~17:00 
定休日
土曜・日曜・祝日

メール相談は24時間お気軽に!

シンキ(ノーローン)へ過払い金請求をする場合の注意点
シンキから過払い金が発生する条件や目安を解説!

シンキの過払い金実績は豊富にあります。
どんなことでもご質問にお答えします!

「1週間無利息」でお馴染みのノーローンのシンキ。2016年8月4日からは新生パーソナルローンという社名に変更しています。

シンキ株式会社が誕生したのは1984年。その後、2003年にアルコ、2005年にパン信販を子会社化しました。当時、これらの会社を利用して、シンキに移動したのを覚えている方もいるでしょう。

シンキでは、2007年4月までは、29.2%でキャッシング金利が設定されていました。これは利息制限法を超える金利のため、2007年以前からのシンキ利用者は過払い金の対象です。

シンキの過払い金への対応は決して良いものではありません。とってつけたような主張をして、過払い金の減額を求めてきます。示談では過払い金発生額の50%~70%ほどの金額を返還するという内容です。

過払い金全額の返還を受けるには、今のシンキには裁判しか方法がないということを覚えておきましょう。

初心者のために過払い金をおさらい!

今から15年前や20年前には、多くのカード会社で利息制限法を超える高金利での貸付けが行われていました。これが過払い金が発生する原因となったものです。

利息制限法では、
「10万円未満では20%まで、10万円以上100万円未満では18%まで、100万円以上は15%までなら、お金を貸したカード会社は利息をとっていいよ」
という風に決められています。

シンキでは2007年4月以降は利息制限法通りの金利になっていますが、それ以前は29.2%という法外の金利だったわけです。

例えば、シンキから2000年に50万円を借りたUさんの場合。
利息制限法で定められている金利の上限は年18%です。この場合、1年で発生する利息は9万円となります。
しかし、29.2%の金利となると、1年で発生する利息は14万6,000円になります。

両者の差額は約5万6000円。1年でこれだけの差なので、違法な金利を10年も支払っていれば、あっという間に50万円以上の金額になってしまうわけです。

過払い金とは、この5万6000円という利息制限法の金利を超えるお金のことを言います。

シンキから過払い金が発生する条件

2007年以前にキャッシング利用があり、完済してから10年以内なら過払い金請求可能

シンキから過払い金が発生する条件を確認してみましょう。

・平成19年4月以前からキャッシングを利用。

・支払いが終わって10年以内の場合。

この2点の条件をあなたが満たしているようであれば、あなたはシンキに過払い金を請求できます。

2007年(平成19年)以前にシンキを利用していた場合には、利息制限法という法律違反の金利をシンキは受け取っていたので、そのお金は過払い金として返還対象になるということです。反対に、2008年(平成20年)より後にシンキを利用し始めた場合、利息制限法内での金利となっていますので、過払い金請求の対象とはなりません。

シンキの過払い金請求で注意したいのが、過払い金の請求期限です。
シンキの過払い金は、キャッシングを完済してから10年以内であれば請求ができますが、完済から10年が経過すると過払い金は請求できなくなります。(過払い金の時効)

完済してる人は過払い金の請求期限に注意しましょう。

過払い金を請求した場合のシンキの対応

金額重視の場合、示談よりも裁判で過払い金請求を進めていくことをお勧めします。

過払い金請求を行った場合のシンキの対応について確認していきましょう。

過払い金の請求方法には、裁判を行って請求するか、裁判は行わずに示談で解決するかのいずれか2つの方法に大きく分けられます。

なぜ、裁判を行うかそうでないかに分けられるかというと、過払い金が当然のようには100%全額戻ってこないという問題にあります。

シンキに限らず他のカード会社でもそうですが、現在の過払い金請求の状況では「過払い金80万円のうち70万円を返す」など示談での提案があるのが一般的です。これを「過払い金の返還割合」と言いますが、シンキの示談での返還割合はおおよそ70%~90%ほどです。
過払い金の利息が多額に派生しているなど、状況によっては100%になるケースもあります。逆に、マイナスに働くケースとしては、支払い方法(過去にお支払いの遅れがあったか、一定期間途中で利用していない期間があったか)や途中完済があって1年以上の利用がない期間があったか、解約はしているかなどによっても変わっていきます。

示談で不満足な場合には、「全額の過払い金の返還を求める」という裁判を起こすこともできます。裁判で過払い金を請求する場合には、過払い金の100%額やそこから発生する利息なども合わせて請求を行っていきます。

裁判を行った場合には金額は大きくなりますが、示談よりも数か月ほど時間はかかることや、裁判所に個人情報を提出しなければならないというデメリットはあります。

無料診断でシンキの過払い金の有無をチェック!

過払い金請求の窓口では、

あなたがシンキの過払い金対象者であるか
②過払い金対象者である場合に
予想される過払い金の金額
③あなたがシンキに過払い金請求をする場合の注意点やデメリット

などを無料で診断しています。

お問合せ(電話又はメール)

過払い金の無料診断はメール又はお電話よりお申し込みが可能。お気軽にどうぞ。

まずは、お電話又はメールで、過払い金請求の窓口にお問い合わせ下さい。

あなたにシンキから過払い金が発生している可能性があるかを、簡単に判断していきます。覚えている限りで間違っていてもよいので、
《シンキを利用していた時期》
《最大利用額》
《返済中or完済(いつ完済したか)》
の3点をお知らせください。

お電話でのお問合せはこちら

0120-721-656
メールで診断を希望の方はこちら

シンキから明細の取寄せ

ご記憶がなくても、資料が残ってなくても
取引履歴を取り寄せれば全て分かります。

あなたが今までにどのようにシンキを利用していたか、キャッシングの利用明細を全て取り寄せます。明細はシンキに保管されていますので、シンキに取り寄せを依頼します。

この利用明細は、過払い金の業界用語としては「取引履歴」や「リレキ」などと呼ばれています。

利用明細の取り寄せは、過払い金請求の窓口が無料で行っていますが、自分で取り寄せることも可能です。

この利用明細には、あなたが「いつ」「いくら」「金利は何%」でキャッシングを利用していたかの情報が載っています。

過払い金の引直し計算

今までに何千件もの過払い金の計算を行ってきたスペシャリストが対応しております

取引履歴が取得出来たら、いよいよシンキの過払い金を計算していきます。過払い金の計算は専用のエクセルシートを使って計算を行っていきます。

過払い金の計算は様々な方法で算出することができます。利用内容に争点がある場合(争いがある点。利用期間の空白(分断)や貸付停止措置、契約切り替えなど過払い金の計算について争いがある場合)には、その争点も踏まえた計算も算出していきます。

過払い金から利息が発生している場合には、その過払い利息も現時点でどのくらい発生しているかをお知らせいたします。

診断結果のご報告

過払い金の無料診断は全国対応で行っております。北海度から沖縄までお任せ下さい

全ての作業が終了しましたら、シンキの過払い金の診断結果をご報告致します。

メール・お電話などご希望の方法をご指定可能ですので、お気軽にお伝えください。

※過払い金の無料診断を行った結果、過払い金が発生していた場合には、診断結果をご報告差しあげてからそのまま過払い金の請求に移っていきます。

シンキ(ノーローン)に過払い金請求できるのか?シンキ(ノーローン)の対応や注意点

まずはお気軽に無料相談・お問合せをご利用ください!

過払い金請求の窓口へのお問合せはこちら

過払い金の無料電話相談はこちらから

0120-721-656

過払い金についてのご相談は、まずは、お電話又はメールからお問い合わせ下さい。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:9:00~17:00
定休日:土曜・日曜・祝日

 

過払い金が気になる方は
こちらからお問合せ下さい

「あなたは過払い金対象者?」
過払い金の診断は無料です!

0120-721-656

「当時のものがなにも残ってない」
「記憶がほとんどない」
そんな状態でも大丈夫です。
経験豊富な弁護士がサポートします