過払い金が戻らない限り費用の発生はなし!
過払い金の相談・計算・調査は全て無料で行っています。

神奈川県川崎市川崎区駅前本町15番地5 十五番館10階
川崎駅から徒歩2分

お電話での過払い金無料相談はこちら
0120-721-656
受付時間
9:00~17:00 
定休日
土曜・日曜・祝日

メール相談は24時間お気軽に!

過払い金がどのくらいの金額あるかはどうやって分かる?
過払い金がいくらあるかは引き直し計算をすればすぐにわかる!

過払い金と税金の関係について説明する弁護士

過払い金の金額が知りたい方はお気軽にどうぞ。当窓口で無料計算を行っています。

「過払い金っていくらぐらい出るもの…?」

「過払い金の金額はどうしたら分かりますか…?」

 

この数年間で、ニュースなどでも大きな話題となりましたので、過払い金を請求することができるということはご存じの方がほとんどでしょう。

しかし「利息なんて大した額ではない」というイメージから、自分には無縁のものと考えている方も少なくないようです。ですが、借入額そのものはそれほど大きくなくても、グレーゾーン金利での取引が長く続いていた場合、多額の過払い金が発生している可能性があります。さらに、過払い金には発生した時点から利息が付きますので、気付かない内にその額が想像以上に膨れ上がっているというケースも多いのです。

では、そんな過払い金の金額はどうすれば知ることができるのでしょうか?

今回は過払い金の金額の確認方法や、計算方法について解説していきましょう。

 

■過払い金が発生する条件

まずは、どういった場合に過払い金が発生しているのかを整理しておきましょう。

過払い金は、2010年以前に多くの金融業者が設定していたグレーゾーン金利での取引を行っていた場合に発生するものです。

利息制限法では、本来金額に応じて利息の上限額が定められており、最大でも20%までとなっています。しかし、当時は20%以上に金利を設定していても特に罰則規定がなかったことから、出資法によって罰則規定のある上限である29.2%に金利を設定している業者が多かったのです。

また、当時は利息制限法を超えていても、債務者が同意しているといったいくつかの条件を満たすことによって「みなし弁済」として違法な利息を請求することができていたのです。

しかし、最高裁の判決などによってこのグレーゾーン金利やみなし弁済が事実上無効となったことによって、過払い金を請求することができるようになりました。

特に2008年までは、大手消費者金融のほとんどがグレーゾーン金利を採用していたことから、この時期までに借入をしていた場合、過払い金が発生している可能性が極めて高くなります。

ただし、過払い金が請求できないケースがいくつかありますので、注意が必要です。

ひとつは、過払い金が発生していることを認識した上で返済を続けていたケース。この場合、請求権が失われてしまうことになります。

また、すでにその金融業者が倒産していた場合。請求先がないことから、請求そのものが困難ですし、回収できる可能性は極めて低いでしょう。

そして、特に注意しなければならないのが、最終の取引から10年以上が経過しているケースです。

過払い金は10年で時効が成立し、請求することができなくなってしまうのです。いくら多額の過払い金が発生していたとしても、時効が成立してしまうと意味がありません。なので、過払い金が発生している可能性がある方は、できるだけ早く弁護士などの専門家に相談した上で過払い金請求を行うべきなのです。

 

■多くの過払い金が発生するケース

それでは、具体的に多くの過払い金が発生するケースをご紹介していきましょう。

まず、多額の借入をしている場合です。いうまでもなく、借入額が多くなればそれだけ利息も高額となります。そのため、本来は支払う必要のない利息である過払い金も多くなる可能性が高いのです。

場合によっては、過払い金だけで数百万円となるケースも十分にあります。

続いて、借入額がそれほど多くはなくても返済期間が長い場合、多くの過払い金が発生している可能性が高くなります。

毎月の返済額が低く、金利が高い場合は毎月返済しても元本はわずかしか減らないというケースも少なくありません。特に、キャッシングのリボ払いの場合、借入金や利息に対して返済額が少ないため、長期にわたって利息だけを支払い続けていたというケースも多くなります。

この場合、まだ借金の元本が残っていても、過払い金が多く発生し、元本はとっくに消滅していた…なんてこともあるのです。

人によっては、借金が消滅した上に、多額の過払い金の返還を受けられることもあります。

もうひとつ過払い金請求について見落とすことができないのが利息です。

過払い金にも年5%の利息がつくのです。この利息は過払い金と同時に発生しますので、長期間にわたって返済を続けていた場合や、返済を終えてからある程度の期間が経過している場合、利息だけでかなりの額となる可能性もあります。

たとえば、100万円の過払い金があり、それを時効ギリギリの10年後に過払い金請求した場合、利息だけで50万円の請求ができることになります。

このような条件に当てはまる方の場合、多額の過払い金が発生している可能性が高いので、すぐに弁護士などの専門家に相談してみましょう。

過払い金の請求は当然の権利ですので、ためらう必要はありません。

 

■自分で計算する方法

それでは具体的に過払い金を計算する方法について解説していきましょう。

過払い金の計算は引き直し計算と呼ばれ、すでに支払っている利息と借入元本がわかれば、すぐに計算できます。

たとえば、100万円をグレーゾーン金利の29%で借りていた場合、1年間で29万円の利息が発生することになります。

しかし、100万円の借入の場合、利息制限法における金利の上限は15%です。そのため、利息は15万円となるのです。

つまり、29万円-15万円=14万円が本来は支払う必要がなかった利息となるのです。これがそのまま過払い金として請求することができます。

厳密には返済することによって元本も利息も減っていきます。そして、過払い金が発生した時点で、また逆に請求することのできる利息がつきますので、もう少し計算は複雑になりますが、基本的には【グレーゾーン金利によって支払った利息】-【利息制限法における上限金利によって発生する利息】で過払い金を算出できます。

近年では借入額や金利、返済期間などから過払い金の目安を計算することのできるサイトなども登場しています。なので、どの位の過払い金が発生しているのかが気になる方は利用してみてはいかがでしょうか。

もちろん、ある程度の借金の額や実際に支払った利息の額、金利などがわかっていれば、弁護士に相談することで引き直し計算を行ってくれます。なので、まずは弁護士への無料相談を利用してみましょう。

 

■専門家に依頼する

上記の通り、過払い金の引き直し計算はそれほど難しいものではありません。しかし、実際に請求するとなれば、手続きにはかなりの手間がかかりますし、決して簡単であるとはいえません。

また、金融業者との交渉も必要となりますので、弁護士などの専門家に依頼するのが一般的です。

弁護士に代理人の依頼をすれば、基本的には自分でしなければならないことはほとんどありません。

また、交渉によって利息を含めた過払い金満額を回収できる可能性も高くなります。

まだ過払い金が発生しているかどうかもわからない、という状態であっても専門家に相談すれば、ある程度の予測を立てることができます。先ほどもお話した通り、過払い金請求についての無料相談を行っている弁護士事務所や法律事務所も多いことから、気軽に相談してみましょう。

 

■まとめ

借入額が大きい場合や、長期間にわたって返済を続けていた場合、想像以上の額の過払い金が発生している可能性があります。

過払い金の引き直し計算はそれほど難しくありませんので、まずはどのくらいの過払い金が発生しているのかを考えてみましょう。

もちろん、弁護士などの専門家に相談することによって、過払い金の額を知ることができます。もちろん、そのまま請求の手続きについても依頼することができます。

過払い金には時効がありますので、発生している可能性が高い方はまずは相談してみましょう。

まずはお気軽に無料相談・お問合せをご利用ください!

過払い金請求の窓口へのお問合せはこちら

過払い金の無料電話相談はこちらから

0120-721-656

過払い金についてのご相談は、まずは、お電話又はメールからお問い合わせ下さい。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:9:00~17:00
定休日:土曜・日曜・祝日

 

過払い金が気になる方は
こちらからお問合せ下さい

「あなたは過払い金対象者?」
過払い金の診断は無料です!

0120-721-656

「当時のものがなにも残ってない」
「記憶がほとんどない」
そんな状態でも大丈夫です。
経験豊富な弁護士がサポートします