過払い金が戻らない限り費用の発生はなし!
過払い金の相談・計算・調査は全て無料で行っています。

神奈川県川崎市川崎区駅前本町15番地5 十五番館10階
川崎駅から徒歩2分

お電話での過払い金無料相談はこちら
0120-721-656
受付時間
9:00~17:00 
定休日
土曜・日曜・祝日

メール相談は24時間お気軽に!

過払い金請求は家族に内緒にできる?
-家族に秘密で過払い金請求している人はたくさんいるのが現状!

過払い金と税金の関係について説明する弁護士

家族に秘密で過払い金請求することは珍しいことではありませんのでご安心を!

「過払い金を家族に知られずに請求できる…?」

「過払い金請求すると自宅に何か届いたりする?」

過払い金請求を行っているうえで、家族に秘密で進めたいというケースは意外と多いものです。

過払い金を秘密にしたいというよりは、過去に借金をしていたことを家族に知られたくないというケースが多いわけです。

では、家族に秘密で過払い金が請求できるか?という点は、結論から言って何も問題はありません。家族に秘密で過払い金の裁判まで進めている方もいるぐらいです。

ではなぜ、家族に知られずに過払い金請求ができるのか、過払い金請求を行う場合の流れやその仕組みを説明していきましょう。

過払い金請求の流れを確認しよう

ステップ1 まずは取引履歴を取り寄せて過払い金の計算から

過払い金の請求期限について

取引履歴のサンプルです。いついくら利用したかが全て分かるようになっています。

まずは、過払い金請求がどういった流れで進んでいくのかを確認していきましょう。

まずは、

過払い金の有無(そもそもあなたが過払い金対象者で過払い金があるのかないのか

・過払い金の金額の確認(過払い金が発生しているとしたらいくら発生しているのか)

を確認するところから始めていきます。

カード会社のほうから「あなたに○○万円の過払い金が発生しています」と知らせてくれるわけではありませんので、過払い金を請求するあなた側が過払い金の計算を行い、過払い金の金額まで算出しなければならないのです。

過払い金の金額は、このように算出できます。

【実際に支払った利息額】-【利息制限法の上限金利で発生する利息】=【過払い金】

そのため、過払い金を算出するためには、まずは実際に支払った利息額を確認しなければなりません。

借入をしたときの契約書や、支払いの明細が残っていればわかりますが、もちろん処分してしまっている人のほうが多いのが現状です。そこで、カード会社に対して過去の取引履歴の開示請求を行います。取引履歴とは、利用明細のことで、ここに過払い金を計算するために必要な情報はすべて載っています。

取引履歴が届いたら過払い金の計算をするわけですが、この一連の取引履歴の取り寄せから過払い金の計算は、依頼をすれば依頼先が全て行ってくれます。

そのため、必ずしも自分でやらなければいけないことではありませんので安心してください。むしろ、家族に秘密の場合には、取引履歴が自宅に到着したり、家族のいないところで過払い金の計算をしなければいけなかったりと、不都合が多いので、弁護士などの専門家に依頼するのは必須といえるでしょう。

ステップ2 過払い金を請求して返還を求める

過払い金の請求期限について

弁護士に過払い金請求を依頼していれば、家族にばれることはないので大丈夫です。

過払い金の計算が終わって過払い金を割り出したら、発生している過払い金や利息をカード会社に請求しましょう。

カード会社から応答があったら交渉がスタートです。基本的に過払い金は請求したからといってすんなりと支払われることはありません。そのため、カード会社と直接交渉することになるのです。この交渉によって和解となれば、あとは指定口座に過払い金が入金されるのを待つだけです。

この過払い金の請求、交渉も弁護士に依頼をされていれば、カード会社は弁護士側に連絡をしてくきますので安心してください。過払い金の口座の入金もいったんは弁護士の預かり金口座に返金されるように手配を行っていきます。

より多くの過払い金の返還を求める場合には交渉だけでまとまる確率は少なく、裁判を行わなければならないケースもあります。家族に秘密の方の場合には交渉だけで終わるほうが多いですが、家族にばれる確率が少ないなら裁判でより多くの過払い金が欲しいというオーダーもあります。どうされるかは依頼人であるあなたの自由です。

このように、弁護士を代理人として過払い金請求を行った場合などは、取引履歴の開示請求から、交渉、訴訟の手続きまですべて代行してしまうので、あなたがやることは特になにもありません。

なにもやることがないので、(家族から見て)怪しい行動もなく、かつ、過払い金に関連する書類はすべて弁護士事務所に到着するので、家族にはばれようがないのです。

過払い金請求が家族にばれてしまうケースとは…?

過払い金の請求期限について

家族にばれないようにするためには、あなたも最新の注意を払って進めてください。

過払い金請求をしても家族にばれるケースがないのは、分かって頂けたと思います。

では、それでも過払い金請求をしたことが家族にばれてしまうケースというものを考えてみましょう。

一つ目は、弁護士から受け取った書類を家族が見えるようなところに置いてしまった例。これは自業自得かもしれませんが、リビングや玄関、車の中に弁護士から受け取った書類を置きっぱなしにしていた場合。これは弁護士側でもケアできないので、自分で気を付けましょう。

二つ目は、過払い金が返還される通帳を見られてしまった場合。「弁護士からお金が振り込まれている」となってしまうので、家族に秘密の人は家族が知らない通帳か、過払い金用の新しい通帳を1冊作ったほうが無難かもしれません。

三つめは、携帯のメールを見られてしまった場合。Eメールなどよりは、パスワードを入力しないと見れないヤフーメールやGメールなどのフリーメールでやり取りをしたほうがいいでしょう。

四つ目は、カード会社から書類が到着してしまった場合。先ほど、カード会社からの書類はすべて弁護士事務所に到着すると記載しましたが、裁判を行った場合に例外が起きるケースがあります。それが、反訴を提起された場合などです。裁判を嫌うカード会社の中には、過払い金請求で弁護士に訴えられた腹いせに、カード会社が根拠もないのにあなたを訴えるケースがほんとに稀ですがあります。この場合、カード会社が訴えた訴訟については、弁護士に代理権はないので、自宅に訴状が到着してしまいます。アイフルやシンキ、CFJなど腹いせのためにこのような行動をとるケースもあるので、こういった会社に裁判を起こす場合には、十分に注意が必要です。

一つ目から三つ目までは自分で防げるものなので問題はないと思いますが、四つ目は防ぎようのないものではあるので、裁判にする場合には弁護士とよく相談の上決めたほうがよいので注意です。

 

家族にバレないように過払い金請求をするコツをおさらい

過払い金の請求期限について

グレーゾーン金利部分が払いすぎのお金。
平成19年以前の利用者が対象です。

「いくら大丈夫と言われてもやっぱり家族にバレないか心配」という心配性の方もいるでしょう。家族にバレないで過払い金を請求する方法を、徹底的におさらいしていきましょう。

まず、弁護士などの専門家に依頼することによって、郵送物や連絡があなたにくることはなくなります。そして、専門家に依頼をすれば、カード会社とのやりとりもすべて代行してもらえるので、自分では絶対にやらないことです。

そして、弁護士側に要望するだけでなく、あなたのほうでもばれない工夫を作りましょう。

・自分で過払い金請求をせずに必ず弁護士などの専門家に依頼をする。

・弁護士に「家族に絶対秘密である」旨をしっかり伝えること。

・電話ではなくメールで進捗の報告をもらうようにすること。

・メールは、フリーメールアドレスを使用すること。

・郵送物は送ってもらわないようにして自分で事務所まで確認しにいく。

・弁護士事務所からも書類は極力発行してもらわないようにして、書類を受け取っても自分で写メをとって画像化してシュレッダーにかけるか弁護士事務所に保管しておいてもらう。

・気性の荒いカード会社には裁判をしない。

・過払い金の返金先口座は、家族の知らない口座にすること。

これらのことを全て守っていれば、家族に知られることは120%ありません。

家族が心配で過払い金請求をためらっている方は、まずはフリーメールアドレスの作成や過払い金の返金先口座をどうするか考えてみたほうがよいでしょう。

過払い金請求をして家族になにか影響は出ない?

過払い金の請求期限について

過払い金請求をして家族に影響がでることは100%ありませんので安心して下さい。

最後に、過払い金請求をして、家族になにか影響はでないのかという点を確認しましょう。

過払い金請求をして、家族にマイナスに働くような影響が出ることは100%ありません。過払い金請求は、本人による個人的な手続きにあたります。そのため、家族に影響することはありません。

また、借金の返済中に過払い金請求を行った場合、過払い金だけでは借金の全額返済ができなかった場合(例えば、100万円の支払い残がある状態で80万円の過払い金請求を行うような場合)には、債務整理とみなされることから、ブラックリストに載ります。

もちろん、この場合でも家族が一緒にブラックリストになることはありません。

そして、仮にブラックリストに載ったとしても、家族に通知されたりすることもありません。しかし、新規の住宅や車のローンを組んだり、家族の借金の保証人になることができなくなるので、この時に家族に疑われる可能性がなくもないので注意が必要です。

その他、子どものための学資ローンなども組むことができませんし、奨学金の保証人についても同様です。

このように、直接的な影響はないものの、間接的な影響が及ぶケースがあるという点は頭に入れておくべきでしょう。

すでに借金を完済していたり、過払い金によって借金がなくなってしまうといった場合は、ブラックリストに載ることは100%ありません。そのため、間接的にでも家族にはまったく影響がないので安心してください。

〝過払い金請求は家族に内緒でできる?〟のまとめ

自分で過払い金請求を行った場合、家族に知られてしまうリスクはかなり高いです。しかし、弁護士などの専門家に依頼すれば、一切知られることなく過払い金請求をすることができます。なので、家族に知られないまま過払い金請求を行いたいと考えているのであれば、まずは弁護士事務所や法律事務所などの無料相談を利用してみるといいでしょう。

 

まずはお気軽に無料相談・お問合せをご利用ください!

過払い金請求の窓口へのお問合せはこちら

過払い金の無料電話相談はこちらから

0120-721-656

過払い金についてのご相談は、まずは、お電話又はメールからお問い合わせ下さい。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:9:00~17:00
定休日:土曜・日曜・祝日

 

過払い金が気になる方は
こちらからお問合せ下さい

「あなたは過払い金対象者?」
過払い金の診断は無料です!

0120-721-656

「当時のものがなにも残ってない」
「記憶がほとんどない」
そんな状態でも大丈夫です。
経験豊富な弁護士がサポートします